土地を売ろう

見積もりの段階や購入希望者が現れた時でも土地の売却に対してマイナスと感じられる事を話さない方がおられます。売る場合には購入者が可能な限り詳細にその物件について調べます。
ただ、その調査にも限界があり持ち主から伝えてもらわないとわからないことがあります。
例えば現在は更地ですが実際は過去の建物を解体する際に基礎をそのままにして解体している場合や土地を整備するのにガラを入れたなどです。当然不利になる事は話したくないと思います。
ですが購入者は売却物件の紹介を受け、非常に高額ですがほとんどの方が数日で購入の決断をします。もちろん数回しか物件を見に行かないで、ましてや現在の所有者の土地を掘り返して土中に何もないかの確認なんてできるはずもありません。
その物件を契約する大抵の場合は、現在の所有者が知っていて故意に買主に伝えなかった事実や売主が知らなかった事実でも、引渡し後一定の期間内は売り手が責任を負わなくてはいけない契約を交わしますので有利ではないと思われる事でも、些細な事でも不動産会社や購入者に伝えるようにしましょう。

売却を考えている土地が計画道路に該当している場合は、同条件の計画道路に該当していない土地と比較すると該当していない方を選ばれる傾向にあります。しかし施行されるかされないかは周辺の状況を見るとほぼ判断できます。住宅が多いところの土地で他の家屋も計画を予定して控えて家屋を建てていないエリアならまず安心でしょう。

土地売却おすすめサイトはこちら

土地を売る・査定・活用時するときのまとめ 土地・マンション・戸建・不動産・売却について

CORESV 相互リンクSEO-P-Link ver3.5Darkkhaki 相互リンクSeo-P-Link ver3.4Seo-P-link ディレクトリ